無料動画の限界

最近、YouTubeからこんなニュースが流れてきた。

news.yahoo.co.jp

なんとYouTubeが新型コロナを含めてすべてのワクチンに対する反対意見を潰すそうだ。

明らかにこれはおかしい。

なぜなら、ワクチンは毒だから。そもそも打つ必要性が皆無だし、健康な人が打つ意味は全くない。

真面目に考えるならば、これは明らかな言論統制であり、

表現の自由言論の自由という日本の憲法に反する行為なわけ。

これをさも平然と行ってしまうのが狂っている。

 

前から、内海先生や、吉野先生などのワクチンの真実を語る系の先生がたの動画がバンバン消されていっていた。

これはおかしい!明らかに言論統制だ!ってずっと思っていたし、

もうYouTubeには限界が来ているな。

とも思っていたが、まだYouTube側も隠語を使ったりしている動画には手を出せなかった。

しかし、今回のニュースを見ていると、どうも隠語すら使えないのではないかと思えてくる。

こうなってくると、もうYouTubeからは離れる必要がある。

 

本当に価値のある発信をしている人の動画に対して課金をして、

自ら情報を取るようにしていくほかない。

 

もう僕も覚悟を決めて、内海聡先生のニコ動の月額課金を始めた。

前からやろうとは思っていたのだけれど、今回の件をきっかけとして、

今後もそういう流れは増えてくだろう。

そうなると、これからの時代は無料動画で広告費を稼ぐのではなく、

直接見てくれる人からお金をもらうシステムに変わっていくのだろう。

YouTubeのメンバーシップなどもそうだったが、

他のプラットフォームでそういうことが増えていくのだと思う。

 

もしこれからニコ動でも言論封鎖が行われるのであれば、

また他の動画プラットフォームで発信する人が現れる。

そう考えてみると、これからの時代はプラットフォーム戦争も起こってくるかもしれない。

YouTubeに変わる動画メディアが出てくることも大いにあり得る話。

検索エンジンで言うところのダックダックゴーみたいな、

本当に良心的な動画メディアが出てくることを期待する。

 

Googleはぶっちゃけあっち側(ディープステート)なので、

結局はあっち側の利益になるようなことしかしない。

 

今後はあっち側のこともどんどん明らかになっていくのだろうし

気づく人も増えてくるかもしれない。

 

でも、まあ手遅れなんだけど。

内海先生のニコ動を見る限りでは、もう手遅れ。

ワクチンを打った方々には申し訳ないが、

もうあなた方は手遅れですw

かわいそうに。